目元のしわは印象が強い┃治すために原因を探る

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

老化予防の効果がある

美容液

肌トラブルの改善に有効

ビタミンcは従来より抗酸化作用があることが知られており、エイジングケアや乾燥肌の改善、しわの予防などの症状に有効な成分です。ビタミンcはそのままの状態であれば酸化しやすい特徴を持っていますので、安定した状態に加工する必要があります。肌に浸透しやすくなるように加工された成分がビタミンc誘導体で、肌トラブルの救世主として捉えられているために人気があります。ニキビやしみなどの肌トラブルが生じる原因は、活性酸素が増えることです。ビタミンc誘導体にはこの活性酸素を除去する働きがあるために、様々な肌トラブルに対応できる化粧品の成分と言えます。肌に欠かせない成分と言えばコラーゲンがありますが、ビタミンc誘導体はコラーゲンの生成を促進させる作用も持っています。

ニキビやしみの予防になる

ビタミンc誘導体の特徴は、強い抗酸化作用があるために老化遺伝子に影響を与えることで肌の老化を遅らせることができます。紫外線を浴びることなどが原因で増えてしまうメラニン色素のしみを薄くすることや、ビタミンeと合成する作用があることから、新陳代謝を促進させる効果もあります。新陳代謝を高められることで血行が改善されますので、くすみを減らして透明感のある肌を作ることが可能です。肌の弾力のうちの70%はコラーゲンで保たれており、ビタミンc誘導体はコラーゲンを増やすことができるので、角質の水分を保持する機能を高めることが可能になります。細胞間の水分量を十分に保てるようになるので、肌にハリがでて、キメこまかい状態に整える効果があります。